切っても切れぬ三国志

男の子はみんな三国志がお好き。

最近は、本だけでなく、ゲームなんかでも三国志に触れることができるので、女の子も三国志がお好き。

人生においては、選択必修科目とも言える三国志。

私も好きか嫌いかで言うと、好き、と言えるくらいの三国志野郎です。

最初の出会いは、小学生の頃。

兄がやっていたスーパファミコンのゲーム。
光栄の出している「三国志Ⅱ」でした。

毎日、兄がゲームしているのを横で見てました。

兄がいない時は、少しだけ自分でもやりました。

劉備でプレイして、董卓から賈詡と呂布を引っこ抜いて、公孫瓚を攻めるだけの小規模な三国志。
飽きずにこれを繰り返していました。

ゲームの次は、定番の『横山光輝 三国志』です。
なぜか、我が家にはかなりの歯抜けで単行本が置いてありました。
本当に歯だったら歯医者さんが心配するくらいの抜けぐらいです。

この時点で、まだ三国志の全貌はつかめていません。

ちゃんと三国志の全貌、と言っても黄巾の乱から五丈原まで、を知ったのは小学5年生の時に、図書館で借りた児童書で読んだ時でした。

それ以降は、何かしらの雑誌特集やテレビ番組で隙間を埋めていくくらいで、どの三国志も通読していません。

だからこそ、今、三国志が読みたい!!!
何かしらの作品で三国志に触れたい!!!
子供の頃、しっかりと三国志を浴びてきた私は心のどこかに「三国志が好き」という気持ちが眠っていたのでしょう。

それが、何をきっかけにしたのかはわかりませんが、そんな気持ちがふつふつと湧いてきました。

これから、本を探して読んでみたいと思います。

番外編
三国志の魅力は人だと思います。

その中でも、劉備、曹操、孫権 ( 孫堅、孫策含む ) の三人は特に魅力的です。

ほぼ9割の人は、三国志演義からそのキャリアをスタートさせるでしょう。
私もそうです。 (本当の本当はゲームですけど)
演義から入ったので劉備にはまりました。
豪傑や神謀鬼策の天才軍師など、綺羅星のごとく人を吸い寄せる魅力。
男が男に惚れるタイプ。
そんな男になりたい!!

そして、ある程度知識が増えて、例えば「演義と正史はこんなに違う」なんて特集の雑誌が読めるようになるくらいになると、次は曹操に憧れました。圧倒的な才能に恵まれ、大国魏を一代で築きあげた天才。
戦争だけでなく、芸術にも優れた男。

その次は、孫権でした。
野球で言えば東京出身なのにカープを応援してマイノリティ感を出す感じに似ていますかね。
特に、好きなところはありません。
強いて言えば、地味なところ。

そんな男に惚れたって、長続きはしません。

今では、演義とのギャップで、実は愚連隊の親分といった人物像がぴったりと知った劉備に夢中です。

次に読む三国志で果たしてどんな素敵な出会いが待っているのやら。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*